交通事故:弁護士に相談

計算の方法交通事故の慰謝料を請求することを弁護士に依頼するメリットは、慰謝料の計算の方法には一定の基準がありますので、それに基づいて計算されます。慰謝料の計算の方法には3種類のものがあります。強制保険の算出基準を用いる方法、任意保険の算出基準を用いる方法、弁護士基準を用いる方法です。この中で弁護士基準による算出方法が一番良い条件となりますので、弁護士に慰謝料の請求を代行すると良いでしょう。すべての手続きを代行してもらえますので、非常に便利なやり方といえます。また、代行を依頼する弁護士はこれまで多くの実績をもった方であるのが理想的です。

しかしながら、いくら弁護士であっても交通事故の責任が依頼者の方に100%ある場合には慰謝料の請求をすることはできませんので、その場合には怪我の治療費などは全て自己負担で対応することが必要になります。多くの弁護士が初回は無料で相談に応じてくれますので、交通事故の慰謝料の請求についてまずは弁護士に相談してみると良いでしょう。法的な観点か最良の方法を提案してもらえるようになるでしょう。また、弁護士に代行を依頼すると弁護士費用が当然のことながら必要になりますので、その点についても問い合わせて確認をしておくと良いでしょう。